レシピ動画撮影を依頼する前に!料理をおいしそうに撮影するコツをチェック

レシピ動画や料理動画は、いかにおいしそうに撮るかが重要なポイントです。ここでは、料理の撮影に必要なコツをご紹介します。素人ではなかなか難しいアングルの撮影はもちろん、プロによる盛り付けも行いますので、レシピ動画の撮影は株式会社オフィス稲石へご依頼ください。

レシピ動画撮影のコツ「構図・演出」にこだわろう

レシピ動画撮影のコツ「構図・演出」にこだわろう

レシピ動画や料理動画を撮影する際は、「構図」や「演出」を意識しましょう。例えば構図の一つである「三角構図」は、料理関係の写真や動画でもよく使用されています。メインとなる料理にピンとを合わせ、それ以外の料理や飲み物はぼかすように撮る方法です。立体感や温かみが生まれます。

また、奥行を出し、視線の流れを上手く利用する「対角線構図」は、汁ものやご飯ものなど、同じ料理を数人分撮影するときにおすすめです。テーブルコーディネートも一緒に含ませたいときは、真上から撮影する「俯瞰構図」を利用しましょう。雑誌のようなおしゃれな雰囲気になり、トレンド感のある仕上がりとなります。

さらに、料理は太陽光の下で撮ると、素材そのものの色合いや質感を表現できるので、自然光の入る場所で撮影するのもポイントです。このように、料理を撮影するだけでも様々なテクニックがあります。料理動画やレシピ動画の撮影には構図や演出がとても大切なので、ぜひプロに依頼して理想の動画を製作しましょう。

おいしく見せるには盛り付けも大切!

おいしく見せるには盛り付けも大切!

料理をよりおいしく見せるためには、盛り付け方にも気をつけましょう。例えば、お皿の「余白」を意識すると、同じ料理でも全く異なったシチュエーションを演出できます。お皿いっぱいにサラダなどを盛り付けると、大人数で楽しむホームパーティのような雰囲気を出せ、逆に少し少なめに料理をよそい、余白を多くすると上品でエレガントな雰囲気を演出できます。

また、パスタなどは高く盛り付けることでボリューム感やレストランのような上品さを印象づけてくれます。ワンプレートに小鉢をいくつかのせるのも、立体感を出せ写真映えする盛り付けです。さらに、赤・黄・緑の3色を意識して彩を加えると、盛り付けの質がグレードアップします。

レシピ動画をより良質なものにするためには、撮影の仕方や盛り付け方にも気を配る必要があります。株式会社オフィス稲石では、料理に関するプロが撮影を行い、高クオリティな動画をご提供いたします。レシピ動画の撮影をお考えの企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご依頼ください。

レシピ動画の撮影を依頼するなら!

会社名 株式会社オフィス稲石
代表取締役 稲石 清美
住所 〒164-0011 
東京都中野区中央2丁目8−15 901
固定電話 03-4405-2580
事業内容
  • ・レシピ開発
  • ・料理撮影
  • ・セミナー・講演・コラム執筆
  • ・芸能タレントマネジメント
  • ・各種イベントの製作・企画
  • ・出版業
メールアドレス info@office-inaishi.com
URL https://www.office-inaishi.com/