レシピ製作はターゲットを絞って行おう!

飲食店では、ターゲットを絞ることが重要になってきます。ここでは、ターゲットを絞るメリットや、ターゲット設定のコツについてご紹介します。ぜひご参考ください。

ターゲットを絞るメリット

ターゲットを絞るメリット

飲食店で売上・集客アップを目指すのであれば、ターゲット設定が重要です。ターゲットを絞り込むことで、以下のようなメリットを得ることができます。

●主力メニューに力を入れることができる

品数が多い店でも、売れるメニューの数は限られてきます。そのため、ターゲットを絞ることで無駄なメニューを減らし、毎月の売り上げの中で最も売れているメニューに特化することができます。

●原価を抑え利益率を上げる

メニューの数を絞ることで仕入れ先を限定できるため、仕入れ量に対するホールディスカウントで原価を下げることができます。原価を下げることは、利益率にも関わってくるのです。

●自分にピッタリのお店だと思ってもらえる

ターゲットを絞ることで顧客ニーズを素早くキャッチできるので、自分に合った理想のお店だと思ってもらえます。これはメニューに限らず、お店の雰囲気(女性でも一人で気兼ねなく入店できる、子供が騒いでも安心など)にも当てはまります。

ターゲット設定のコツ

ターゲット設定のコツ

飲食店においてターゲットを実際に絞り込むときは、「ペルソナ設定」を取り入れることがおすすめです。ペルソナ設定とは飲食業界ではあまり耳にしない言葉ですが、マーケティング業界では頻繁に使用される専門用語です。ペルソナ設定を行うことで、よりお店の客層を絞ることができます。

●ターゲット

ターゲットとは標的という意味を持っています。すなわち、自店に足を運んでくれる可能性があるお客様方のことを意味します。年齢や性別、職業などで分類し、顧客の特性をくみ取りながらニーズもしっかり把握することができます。ターゲットがぼんやりしていると、コンセプト自体が曖昧になってしまうので、ターゲットはしっかり絞っておきましょう。

●ペルソナ

ペルソナとは、自店のサービスを利用してほしい顧客を具体的なモデルとして設定したものです。

例えば、名前・年齢・職業・趣味・住所・行動パターンなどが細かく設定された架空の人物を作り上げます。このペルソナ設定を行ってからレシピを考案することで、「Aさんならこのメニューを喜ぶはず」「Bさんならこっちのほうが好みのはず」といったように、より顧客目線でのレシピ製作が行える他、オーナーの都合や好みに偏らない判断ができるようになります。

レシピ製作を委託しようとお考えでしたら、株式会社オフィス稲石へご依頼ください。しっかりとしたターゲット戦略の上でレシピ製作することで、無駄なコストを省き、リピーターを獲得することにつながります。株式会社オフィス稲石では、上記のような飲食店のコンサルも承っています。飲食店立ち上げの際などはお気軽にご相談ください。レシピ製作の費用に関してなど、詳細のご質問はいつでもお問い合わせください。

レシピ製作は株式会社オフィス稲石へお任せ

会社名 株式会社オフィス稲石
代表取締役 稲石 清美
住所 〒164-0011 
東京都中野区中央2丁目8−15 901
固定電話 03-4405-2580
事業内容
  • ・レシピ開発
  • ・料理撮影
  • ・セミナー・講演・コラム執筆
  • ・芸能タレントマネジメント
  • ・各種イベントの製作・企画
  • ・出版業
メールアドレス info@office-inaishi.com
URL https://www.office-inaishi.com/